Top > コラーゲン生成は25歳がピーク! > コラーゲンが不足すると・・・

コラーゲンが不足すると・・・

一般的に言う「老化」(エイジング)が始まってしまいます。

おおよそ予想はつくかと思いますが、
シワができたり、肌がたるんできたり、キメが粗くなったり・・・
新陳代謝が落ちてくるとコラーゲンが足りなくなるので、
骨と骨の間の軟骨がなくなり、直接骨同士が当たって
関節痛になってしまう可能性も。

また、髪の毛のツヤやハリがなくなり、髪の毛が細くなったり、
抜け毛が増えたりもします。
コラーゲンの影響は骨にも大きく、不足すると骨粗鬆症の恐れもあります。