Top > コラーゲン生成は25歳がピーク! > コラーゲンが不足してしまうのはなぜ?!

コラーゲンが不足してしまうのはなぜ?!

体内では、コラーゲンの分解と合成が繰り返されていますが、
加齢とともに分解の方が多くなってきます。

ですので、年齢を重ねていくことにより、コラーゲン生成力が低下し、
そしてコラーゲンが減っていき、不足してしまうんです。

このほかにも、紫外線のUVA波がコラーゲンを破壊させるのもあり、
長時間当たることでコラーゲン減少という影響があります。

また、タバコを吸う人は要注意!
コラーゲン生成にはビタミンCが欠かせませんが、
タバコを吸うことによりビタミンCが破壊され、
コラーゲン生成を妨げる
要因になっています!